2016年6月6日月曜日

2016.06.04 那須室内合奏団第8回演奏会

那須野が原ハーモニーホール 交流ホール

● 過去には山下洋輔さんや小林研一郎さんを迎えて,華やかにやっていた。前回から自分たちだけの演奏会になった。今回もそうだ。
 開演は午後2時。入場無料。

● 場所は交流ホール。パイプ椅子を並べて席を作る。こぢんまりとした感じ。ということはつまり,奏者と聴き手との間の距離が短くなる。
 一体感が生まれやすい。聴き手が自分も参加しているという実感を得やすくなる。

● プログラムは次のとおり。
 テレマン リラ組曲
 ヴィヴァルディ 合奏協奏曲「四季」より「春」
 ヘンデル 合奏協奏曲集6の7
 モーツァルト 交響曲第25番より第1楽章
 ピアソラ エスクアロ(鮫) オブリビオン(忘却) リベルタンゴ
 前半はバロックで,後半はモーツァルトをはさんでピアソラというくっきりした対比。

● 音楽監督を務めている白井英治さんの解説によれば,テレマンは3,000ほどの曲を作ったらしい。この時期の作曲家はみな多作だ。
 その代わり,現在まで残っている曲は多くはない。価値がないから残らなかったというのではなく,散逸しやすかったのだろう。バッハのマタイ受難曲だって,初演のあと,メンデルスゾーンが再発見するまでは埋もれてしまっていたわけだから。

● ともかく。リラ組曲を聴きましたよ,と。バロックを本腰入れて聴かないといけないなぁと思うことになる。ライヴを聴くたびに思うことだ。
 が,おそらく,バロックだけをずっと聴き続けるのは,ちょっとした苦行になってしまいそうだ。バロックも聴くというふうでいい。ポートフォリオの中にバロックも組み込むようにするといいんだろうな。

● リラ組曲はCDを持っていたかどうか。以前はCDを持っていない曲をライヴで聴くと,すぐさまCDを探して手に入れてきたものだが(そうでもなかったか),最近はどうも弛んでいる。
 CDを聴く時間も以前よりだいぶ減ってしまっているし。

● 奏者との距離がこれくらい近いと,そうしたことも含めて,いろんなことを次から次へと考える。刺激が大きくなるからだろう。
 これくらいの演奏会っていいなぁ。大ホールで聴くのもそれはそれでいいんだけど。

● ピアソラから感じるものは,生きることの哀しみのようなもの。ピアソラっていうよりタンゴがそうなんだろうけど。
 タンゴの踊りは相当にセクシーで,けっこう際どい動きもあるんじゃないかと思うんだけど,それも生きるって哀しいねっていうのがあって,束の間,それを下敷きにしてカーニバルに興じるっていう,そういう機序なのかなと思ってみたりする(たぶん,違うと思うんだけどね)。

● ただ,その哀しみを強調するんじゃなくて,いったんぐっと抑えて,さらっと差しだしたという感じ。抑制を利かせているのがピアソラの身上のように思う。
 であるから,長く残るのだろう。ピアソラも本腰入れて聴かなきゃなと思って,会場を後にした。

● ところで,白井さんの解説によると,譜面を見るとウワッと思うほど難しいのに,聴いているとそうは聞こえないのが「エスクアロ(鮫)」だ。
 なるほど,そういうことはしばしばあるに違いない。要するに,ファインプレーはわかりにくい。ファインプレーをファインプレーとわかる人は,聴き手として相当なレベル。あるいは,自身もかなりのプレーヤーなのだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿