2017年2月24日金曜日

2017.02.24 間奏54:音楽再生プレーヤー(専用機)を初めて使ってみた

写真はメーカーのサイトから拝借
● オーディオ器機をぼくは持っていない。ミニコンポくらいはあってもいいかなぁと思って,オーディオ売場を覗くことはあるんだけど,購入に至っていない。
 なぜないかといえば,必要がないから。つまり,家で椅子に座ってゆったりを音楽を聴くということを(少なくともこれまでは)してなかったからだ。

● おまえはライヴ以外に音楽は聴かないのか,と言われれば,そんなことはありませんと回答する。けど,もっぱらイヤホンで聴くタイプだ。
 路上や電車の中が,ぼくが音楽を聴く場だ。たまに家で聴くときもイヤホンで聴いていた。プレーヤーはスマホ。

● ところが,そのスマホが昨年11月11日にダメになった。諸般の事情があって,そのままになっている。したがって,少なくとも昨年11月11日からはまったく音楽を聴かない生活を送っている。
 スマホ以外に携帯プレーヤーは持っていないのか? じつは持っている。約1年間にSONYのWALKMANを買った。
 息子に買ってあげたんだけど,8ヵ月前にぼくのところに戻ってきた。

● が,何となく面倒でね,そのまま放置しておいた。11月11日以降も。
 でもって,音楽を聴かない生活をずっと続けていたんだから,ひょっとすると,ぼくは音楽がさほどに好きじゃないのかもしれない。

● ところが昨夜,WALKMANに楽曲を転送する作業を唐突に始めた。昨夜は珍しく酒を飲まなかった。それが大きいのかも。酒を飲まないと,夜はけっこう長いのだねぇ。そんなことも忘れてましたよ。
 とりあえず,よく聴く楽曲を入れて見た。ベートーヴェン,ブラームス,ラヴェル,ショスタコーヴィチ,バッハ。
 128GBのmicroSDを入れているので,どっさり入るんだけど,それは追々にということで。

● その状態で試し聴き。したらば。音がまるで違う。
 バッハの「ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲」を聴いてみた。クリアだ。粒立ちが明瞭だ。音が立って踊っているようだ。
 逆にいえば,今まで使っていたスマホで再生された音は,ふた昔前のデジカメで撮った写真のように,音がベタッと寝てしまっていた。
 8ヵ月前からWALKMANを使えたはずなのに放置していたのだ。大げさにいえば,その8ヵ月は捨てたも同然だと思った。

● ぼくが買ったWALKMANはNW-A25という機種だ。現在では生産終了になっている。手頃な価格ながら,「ハイレゾ音源を再生しながら,周囲の騒音を低減できる「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。シチュエーションを選ばず,いつでもどこでもハイレゾの高音質を楽しめます」とある。
 「音の情報量がCDの約6.5倍あるハイレゾ音源に対応。高音域再生におけるノイズ除去性能を高めたフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し,繊細な空気感や臨場感あふれる,きめ細やかなサウンドを体感できます。また,MP3などの圧縮音源やCD音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。いつも聴いている楽曲がハイクオリティーに生まれ変わります」ともある。

● 「CD音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする」なんてのは,正直,少し怪しんでいた。
 ぼくはハイレゾ音源は持っていない。iTunesでCDをリッピングして,ハードディスクに溜めている。それをスマホに転送してイヤホンで聴く。
 それ以上のことはやっていないし,やる気もない。ルーティンから少しでも外れる作業は面倒くさいと思ってしまう,しょうもないオヤジなのだ。

● と言いながら,ハイレゾとノイズキャンセリングに対応したイヤホンは早くから用意していた。WALKMANとほぼ同時に買っておいた。
 で,聴いた印象は上記のとおり。WALKMAN,すごい。
 もっとも,ぼくが使っていたスマホは古いものだった。今どきの,たとえばSONYのXperiaなら,WALKMANと同等の音を再生するんだろうな。

● 今朝はそのWALKMANで音楽を聴きながら出勤した。少なくとも昨年11月11日以来のはず。この通勤時間も,うーん,昨日までは捨てていたな。面倒くさがり屋は損をする。
 何でもかんでもスマホでと思っていたけど(基本的には今でもそう思っている),専用機はやはりたいしたものなのだな。

● 今日聴いたのは,カルロス・クライバー指揮のベートーヴェンの4番,5番,7番とブラームスの4番。それと,諏訪内晶子のバッハ協奏曲集。
 小さい携帯再生プレーヤーで,これらの曲をこの音質で聴けるのは驚きだ。

● ミニコンポは物色するのもやめる。携帯プレーヤーでここまでの音で聴けるんだったら,携帯プレーヤーのみで充分。
 えっ,WALKMANでそんなに驚いているのか,今までどんな音で聴いてたんだよ,おまえは,と言われますな。

● というわけで,音楽再生機能はスマホから専用機に移行した。スマホは音楽再生プレーヤーとして使う時間が最も長かったから,スマホへの欲求は少し減少。もうしばらく,スマホなしでもいいかな。


(追記 2017.02.25)
 WALKMANを使って行くには,iTunesに代えて「Media Go」をパソコンにインストールしないと,プレイリストの作成ができないんですね。
 そんなことも知りませんでしたよ。今のところ,プレイリストが必要なほどには楽曲を入れていないんだけど,いずれ絶対に必要になる。
 ま,その作業がパソコンでできるんだったら,かなり負担は削減される。

 iPodやiPhoneで音楽を聴くことはまずないと思うし,WALKMANが壊れた後はスマホをXperiaにして,Xperiaで聴き続けることになると思う。「Media Go」でリストを作っておけば,使い回しが利くんでしょ。
 サッサとインストールして,サッサと使い方に慣れてしまうのがいいでしょうね。

(追記 2017.02.25)
 WALKMAN。使い始めて今日で2日目。
 今日は,カラヤン指揮のベートーヴェン「第九」と,アバド&アルゲリッチのピアノ協奏曲第3番,ラヴェル「ボレロ」(指揮はこれもカラヤン)を聴いた。

 自分が今いるところがコンサートホールだ,と思わせてくれる音質の良さ。もっとも,以前,スマホで聴き始めたときにも,同じことを思ったものだったが。
 音質の良さに驚いているわけだけれども,数日のうちに狎れてしまうはずだ。その間に楽しめるだけ楽しんでおけ,と自分に言い聞かせている。

 ちなみに,ぼくは音楽評論家でも音楽の専門家でもないので,カラヤンを嫌う理由が何もない。

(追記 2017.02.26)
 WALKMANを使い始めて3日目。
 今日はショスタコーヴィチの7番と1番(バーンスタイン&シカゴ交響楽団),12番(ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル)。さらに,ベートーヴェンの3番(カラヤン&ベルリン・フィル)。メンデルスゾーンのホ短調協奏曲(諏訪内晶子)。

 そろそろWALKMANの音質に狎れてきてしまった感あり。これがあたりまえになってきたっていうか。

 これまでライヴをメインに聴いてきたけれど,携帯プレーヤーでここまでの音質で聴けるんだったら,ミニコンポでももっといい音で聴けるだろう。となると,わざわざライヴに足を運ばなくても,家でCDを聴いていればいいんじゃないかと思えてきた。
 演奏する側,供給する側に言わせれば,すでにCDは売れなくなっているんだから(クラシックはそれほどでもないらしいんだけど),メインの収入源はライヴのチケット収入になっているだろう。それがジリ貧になってしまったのでは,次の矢は当分見つかるまい。
 とすれば,供給者側の敵は,SONYやPioneer,ONKYO,KENWOODなどのオーディオメーカーってことになってしまう。

 ま,実際はね,再生の音質がどんなに良くなっても,ライヴの情報量を超えることは絶対にないから,ライヴがすたれるっていうのは考えにくいんだけどさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿