2017年12月11日月曜日

2017.12.07 宇都宮短期大学-まちなかクリスマス・コンサート

宇都宮共和大学 エントランスホール

● 18時開演(入場無料)なんだけど,その30分前に「Mix bell」というボーカルユニットが登場するというのでね,それに間に合うように行ったんですけど。
 その「Mix bell」っていうのがちょっと不思議でね。っていうか,よくわからなくてね。
 知ってる人にはお馴染みなんだろうけど,最初,宇短大と附属高校の学生なんだろうと思ったんですよ。あどけなさを残した子もいるしね。
 それにしては堂に入りすぎてるなぁと思ってね。

● 宇短大とは何の関係もなかったんですね。とちぎTVや栃木放送でレギュラー番組を持ってるらしい。学校に通いながら活動している子もいるんでしょ。頑張ってますなぁ。
 かわいらしい女子4人組のユニット。これからたぶん,何度か目(耳)にする機会がありそうだ。

● お子さんもOK,ケータイの電源切らなくよし,飲み食い禁止もなし(主催者がお菓子を配っていたくらいだ。さすがにビールを飲みながら聴くのはダメだろうけど)。堅いことはなしのアットホームなミニ演奏会。音楽の楽しみ方としては,こちらの方が正統かもしれないね。
 このコンサートは宇短大の広報行事でもあるんだろうけど,音楽科の強みってあるね。わかりやすくアピールできる。

● 演奏したのは宇短大音楽科の2年生と教員。プログラムは次のとおり。
 トランペット独奏(トランペット 福田みなみ ピアノ伴奏 小倉賛子)
  バーナード ウィンター・ワンダーランド

 フルート独奏(フルート 小牧茄央里 ピアノ伴奏 香川瑞葉)
  ハーライン 星に願いを
  坂本龍一 戦場のメリークリスマス

 ピアノ独奏(小倉賛子)
  シューマン 主題と5つの変奏曲

 マリンバ独奏(古川黎菜)
  安倍圭子 愛の喜びのモノローグ
  イギリス民謡 We wish you a merry Christmas

 ソプラノ独唱(ソプラノ 鎌田亮子 ピアノ伴奏 益子徹)
  ヴァヴィロフ カッチーニのアヴェマリア
  バッハ/グノー アヴェマリア
  アダン さやかに星はきらめき

● 知名度があるというか,たいていの人はどこかで聴いたことがある曲の中にあって,シューマン「主題と5つの変奏曲」だけが例外。
 シューマンの遺作と言われているものですね。シューマンの晩年を思うことになる。凄まじいまでの精神の強靱さ。このあと,シューマンは晩年の悲劇に墜ちていくことになるんだけど,梅毒が嵩じた結果だとすると,その梅毒はクララには感染しなかったんだろうかとも思うんだよね。

● 最後のソプラノとピアノ伴奏は教員によるもの。鎌田亮子さんの“アヴェマリア”はさすがと言いますか,ソプラノって感じがしたと言いますか,柔らかい響きで陶然となっちゃいましたよ。

● 終演後,ホットワインとソフトドリンクがふるまわれた。さすがに,そこは遠慮して帰宅の途についた。ぼくはこの大学の卒業生でもないし,これからこの大学や附属高校に入るかもしれない子どもがいるわけでもないので。
 それ以上に性格でしょうね。ここは甘えた方がいいのかもしれないんだよね。けど,大学のスタッフと喋ることが何もない。この催しについて気の利いたことを話し言葉にできればいいんだけど,そういうのが苦手でね。ぼくはサロンの人ではないのだろうなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿